専門業者に依頼するにはじっくり検討して選ぶことが大事

パソコンなど媒体トラブル

ミニチュア

媒体障害時には慌てず専門の業者に依頼を

業務上の大事なデータがもしも消えてしまったら、大変慌ててしまいますが、そんな際はあれこれと操作をするよりも、専門の業者などに復旧依頼をするのが懸命だといえます。トラブルが起きているときに操作してしまうことで障害がより進んで、最悪な場合は復旧が不可能になる危険性もあるためです。準備にあたっては、まずは他の問題のないパソコンなどを使用して、復旧をおこなっている業者をいくつか探し、連絡をとるようにしましょう。多くの復旧業者では、初期診断を無料でおこなっている場合が多く、業者が選定できたら、障害を起こしている媒体を宅配便などで配送します。ただし、配送すればかならず復旧ができるというわけではなく、預かった媒体を専門のスタッフが調査をして、可能性を判断することになります。媒体を配送する際には、衝撃を避けられるように梱包剤をしっかり詰め、仮に媒体が小さいメディアなどであっても、封筒はさけて、箱を使って梱包するのが肝心です。また、ケーブルやマウス・キーボードなどは、あらかじめ外しておくことも忘れないようにしましょう。通常、障害のタイプは、ハード的な原因かプログラムの問題かに分かれますが、診断はそれに加えて障害度合についても調べ、復旧できそうであれば概算費用の見積もりを出してくれます。診断結果報告書と提示された費用を確認し、了解できれば正式な契約をおこないデータ復旧を依頼する流れです。具体的な作業は、依頼した媒体に応じたものになり、ハード・データベース・サーバ・画像・パスワードなど様々なものが対象です。作業終了後は、預けた媒体とともに、復元したデータを保存したHDDやUSBメモリ等が送られてきます。

Copyright© 2020 専門業者に依頼するにはじっくり検討して選ぶことが大事 All Rights Reserved.